社会福祉法人バオバブ福祉会

えるで

バオバブ福祉会後援会

2002年、念願の社会福祉法人となり、えるでが誕生しました。 しかしこれは、障がいのある人があたりまえに生きていく一部分であり、通過点です。

後援会ではその名の通り、さまざまな面でバオバブを応援するために、えるでの誕生と同時に 活動をはじめました。たくさんの方々に、その一員として、お力添えをいただいています。

会員登録のお願い

えるで開所時施設建設のための借入金返済、ケアホームなどの立ち上げなど事業拡大にかかる事業費確保のため、皆様のご入会をお願いします。

皆様お一人お一人からのご支援により、バオバブ福祉会・えるでを通じて障がいのある人が いきいきと地域生活を送れるようになります。
どうぞご協力をよろしくお願いいたします。

【年会費】
個人 : 1口 3,000円
団体 : 1口 10,000円

【振込口座番号】
郵便口座 00900-5-176528

【加入者名】
バオバブ福祉会後援会

 ※会費は毎年4月更新です。

バオバブ福祉会後援会では、以下のような活動を行っています。


借り入れ金返済

まず一つ目の活動は、えるで開所にあたっての借り入れ金の返済です。
認可施設開所のためには、気の遠くなるような資金が必要でした。たくさんの地域の方々の協力と家族の頑張りにより、ある程度は資金を集めましたが、まだまだ足りませんでした。
土地確保と建物建設のために、借り入れたお金は、ざっと1億円。
毎年600~700万円を30年かけて、返済していかなければなりません。
どうぞご協力をよろしくお願いいたします。

新規事業立ち上げのために

2つ目の活動は、新規事業立ち上げのための資金集めです。
仕事の場としてえるでが作られたものの、休日の外出支援や生活の場づくりなど、障がいのある人の地域生活を広げていくには、様々な事業が必要です。

たくさんの方々にご協力いただいたおかげで、2004年にはえるでヘルパーテーション、2005年にはケアホーム空・風の立ち上げ時の事業資金を寄付することができました。ありがとうございました。

地域へのかけはし

3つ目の活動は、地域との交流と障がい者への理解の促進のための取り組みです。
「障がいのある人と共に生きるのは楽しい」
私たちはその確信を積み重ねて、バオバブに集ってきました。共に生きる輪を広げるため、地域の行事や校区のフェスタに積極的に参加し、地域との交流を深めていきたいと考えています。

障がいを持つ人の人権啓発

3つ目の活動は、そして、4つ目の活動は人権啓発のための情報発信です。
年4回、バオバブ福祉会だよりを発行し、えるでのことや、そこに通う障がいのある人の事を 知ってもらう活動を行っています。
「障がいのある人がいきいきとできる地域」は「共に生きる私たちみんながいきいきとできる地域」です。障がいのある人もない人も共にいきいきとできる地域づくりを、一緒に考えていきましょう。

バオバブからはじまる共に生きる関係、後援会でもその輪をどんどん拡げていきたいと思っています。
みなさんの気持ちの一つ一つが、障がいのある人が地域で生きて行くための大きな力であり、
バオバブのなによりの宝です。
これからもバオバブ福祉会の歩みを見守り、また共に歩んでいただけますよう、よろしくお願いします。

page-top