社会福祉法人バオバブ福祉会

えるで

理念

バオバブ福祉会の前身である「松原バオバブの家」は障がいのある人も ない人も地域で共に生きることにこだわり活動してきました。
保育所、校区の小学校、中学校、そして松原高校と、多くの仲間と共に 学んできました。高校卒業後、生活の場としての「松原バオバブの家」を 立ち上げました。

設立当初から「松原バオバブの家」は多くの人が集う場所でした。
また、障がいの種類や程度によって区別することなく、知的障がいのある人、 車椅子に乗っている人、視覚障がいのある人などみんな一緒に活動してきました。
バオバブ福祉会は「松原バオバブの家」の理念を引き継ぐと共に、障がいのある人の 自立を目指した取り組みを行なっていきます。

沿革

 

1974年

「めだか学級」発足。
就学猶予、免除の障がい児たちが週1回集まり交流をする。

1975年

障がい児の地域の保育所への入所運動や就学猶予児の校区小学校への入学運動を取り組む。
施設へ入所していた障がい児が校区の小学校へ入学する。

1978年

松原第三中学校の障がい児が大阪府立松原高校に準高生として入学し、同学年の生徒と共に
普通高校に通学し出す。

1981年

松原高校卒業と同時に地域に「生活の場」を作り、仲間と共に生活を始める。

1984年

松原高校卒業生たちによって作られた3カ所の「生活の場」が統合し、
「障がい者と共に生きる松原バオバブの家」が誕生する。

1987年

松原バオバブの家の建て替え。

1989年

障がい者の働く場「バオバブの店」開設。

1990年

社会福祉法人化の方針が出され、「障がい者と共に生きよう!市民の集い」を開催する。
「法人化設立準備会」発足。

1993年

松原バオバブの家開設10周年。
「あたり前のバオバブ宣言」出版。

1990~1995年

法人化へ向けての募金活動や学習会と準備を進め、「ネットワーク通信」などの取り組みで
支援者を広げる。
法人化の最大の課題である土地について松原市へ貸与を求めるが難航する。
土地問題が全く前進をみず、法人化へ向けた取り組みが沈滞化していく。

1998年

松原市からの土地貸与が前進しない中で、松原市へ貸与を求める方向から
目前での土地取得の方向に方針を転換する。

2000年

松原市田井城の土地を購入することを決定する。

2001年

大阪府より社会福祉法人バオバブ福祉会の設立許可がおりる。

2002年

バオバブ福祉会運営の知的障害者通所授産施設えるで開所。

2004年

えるでヘルパーステーション開所。
バオバブ20周年記念「あしたの夢」開催。

2005年

ホーム「空」「風」開所。
地域生活サポートセンターいこな開設。

2013年

布忍事務所オープン。
えるでヘルパーステーション、地域生活サポートセンターいこな移転。

 

page-top